離職率の低い介護施設に転職するために

【おすすめ記事】 辞めるタイミングを決めよう

そんな施設に転職したいなら

転職の意思を固めたらまずは今の職場を辞めるタイミングを決めましょう。時期によって求人の数に差があるため、できれば2月3月の年度替わりや上半期の結果が出た後の10月がおすすめです。辞めるタイミングが決まったら、なるべく早めに退職の意思を伝えましょう。介護職は人手不足に悩んでいるため、周りに迷惑がかからないよう1ヶ月以上前には伝えるべきです。転職先はハローワークや求人サイトなどさまざまな媒体で探すことができますが、求人の中にはブラック企業も混ざっているため注意が必要です。

人気の記事

  • 介護業界の離職率の実態 介護業界の離職率の実態
    実は言うほど高くない?

    離職率が高いイメージがある介護職ですが、実は全国平均とそれほど変わりません。にもかかわらず、離職率が高いと思われている背景には過去の離職率が20%を超えるほど高かったことや離職率の高い施設と低い施設の二極化が進んでいることがあります。

    もっと見る

離職率が低い転職先を探そう

離職率が低い転職先を探そう

当サイトでは離職率が低い施設に転職したい人に向けてさまざまな情報を紹介しています。当サイトに関するお問い合わせは【お問い合わせページ】からお願いいたします。