離職率が低い介護施設に転職しよう!

【おすすめ記事】 ブラック施設の見極め方

よりよい環境の職場を目指して

カテゴリー

  • 介護業界の離職率の実態

    介護業界の離職率の実態

    介護職の離職率の実態について見ていきましょう。介護職は離職率が高いといわれていますが、それは離職率が高かった頃のイメージが抜けていないことや施設の二極化が大きく関係しています。離職率の低い施設にはベテランの職員が多く、施設の経営方針にも精通しているため何かあってもすぐに相談することができます。また、研修制度もしっかりしているため将来的にビジョンも立てやすいのですが、反対に離職率が高い施設はスタッフ同士の仲が悪くトラブルも多いため働き続けるのは難しくなります。

  • 離職率を下げる取り組み

    離職率を下げる取り組み

    離職率を下げる取り組みとしてここで紹介しているのは、新しい人材を確保するのではなく現在働いている職員の定着率を上げる方法です。定着率を上げるために有効なのは職場環境を整えて待遇をよくすることですが、介護職員処遇改善加算は自治体から支給されたお金が職員に間違いなく還元されるだけでなく働きやすい環境が整えられるとあって、全国の介護施設のうち90%がこの制度を取り入れています。また、知識や技術を評価するプロフェッショナルキャリア段位制度はモチベーションアップに大いに役立っています。

  • そんな施設に転職したいなら

    そんな施設に転職したいなら

    離職率の低い介護施設に転職しようと行動してもすぐに働きやすい施設が見つかるわけではありません。求人は通年を通して出されていますが、時期によってその数に違いがあるため、求人数が多い2月や3月、10月に探した方が確率が高くなります。その時の状況や求人の多いタイミングを照らし合わせながら辞めるタイミングを計りましょう。辞めるタイミングに合わせて退職のスケジュールを組み立てると、周りに迷惑をかけずに円満に退職することができます。

  • 転職を成功させるために

    転職を成功させるために

    離職率の低い施設に転職したいのであれば、仕事探しは慎重に行いましょう。求人はさまざまな媒体で探すことができますが、地域に密着した情報を多く取り扱っているハローワークや多くの情報が手に入る求人サイト、早いスピードで見つかる派遣がおすすめです。しかしながら、求人の中にはブラック企業といわれる待遇が悪い施設も混ざっているため、そのような施設を選んでしまわないよう、ブラック企業の特徴をよく理解して見極めることが大切です。

人気の記事

  • 介護業界の離職率の実態 介護業界の離職率の実態
    実は言うほど高くない?

    離職率が高いイメージがある介護職ですが、実は全国平均とそれほど変わりません。にもかかわらず、離職率が高いと思われている背景には過去の離職率が20%を超えるほど高かったことや離職率の高い施設と低い施設の二極化が進んでいることがあります。

    もっと見る

離職率が低い転職先を探そう

離職率が低い転職先を探そう

当サイトでは離職率が低い施設に転職したい人に向けてさまざまな情報を紹介しています。当サイトに関するお問い合わせは【お問い合わせページ】からお願いいたします。