離職率の低い介護施設に転職した後に注意したいこと

【おすすめ記事】 円満退職のポイント
転職後の働き方の注意点

転職後の働き方の注意点

LINEで送る
Pocket

「経験者」だからこそ注意する

転職の場合、新卒と違って経験があるからこそ期待されることも多くなるわけですが、経験があるからといってすぐに仕事をスムーズに始められるわけではありません。環境や利用者の特徴が違うため、いくら経験があるからといって仕事を任されたとしても要領よく対応できるとは限らないからです。まずは事前確認を行いながら、周りの職員が行っている対応を見て仕事の進め方を覚えていきましょう。この時に気をつけたいのが「経験者でも介護技術などの主張は控える」「周りの職員の行っていることをよく観察する」ということです。「こっちのやり方がスムーズにできるのに…!」と思っても、口に出してしまっては余計な摩擦を生んでしまいかねませんし、その施設にとってはそのやり方が正解なのかもしれないからです。

早い段階で職場のルールに対応する

施設や事業所によって一日の流れやルールは異なります。そのため、転職後すぐは仕事を覚えることだけでなく、一日の流れやルールも早い段階で覚えるようにしましょう。これらのルールを早い段階で習得することができれば、余計なトラブルを避けることができます。経験がある分、サービスのやり方に違和感を感じてしまうこともあるかもしれませんが、そこで主張してしまうと余計な誤解を与えてしまう可能性があります。まずは職場の雰囲気に馴染むことを優先しましょう。

新しい職場での仕事の進め方は?

介護職は慢性的な人手不足に悩んでいるため、施設側からすれば早く仕事に馴染んでもらいたいと経験者は即戦力とみなし、大まかなな説明のみできちんとした研修制度がないまま仕事を任せるところもありますし、すぐに夜勤を割り振られる可能性もあります。きちんと内容を把握しないままだと何かあっても対処することが難しくなり、事故が起こる可能性もあります。それらを防ぐためにも、分からないことは早めに質問するようにしましょう。質問がなければ、理解しているのだなと相手も思ってしまい、それがトラブルに発展してしまう可能性もあります。お互いにトラブルを避けるためにも疑問や質問は後回しにせず、その都度確認するようにしましょう。

疲れやストレスは長引かせないようにする

環境が変わって最初の頃は新しい環境に慣れよう!仕事を早く覚えよう!と必死になっていますが、実は知らず知らずのうちに疲れも溜めています。新しい環境に慣れ仕事を覚えることも大切ですが、自分で過剰にプレッシャーをかけ過ぎてしまわないよう時には息抜きをしてリフレッシュしましょう。夜はぐっすり眠り、休みの日は気分転、など疲れやストレスを長引かせないような工夫が必要です。

人気の記事

  • 介護業界の離職率の実態 介護業界の離職率の実態
    実は言うほど高くない?

    離職率が高いイメージがある介護職ですが、実は全国平均とそれほど変わりません。にもかかわらず、離職率が高いと思われている背景には過去の離職率が20%を超えるほど高かったことや離職率の高い施設と低い施設の二極化が進んでいることがあります。

    もっと見る

離職率が低い転職先を探そう

離職率が低い転職先を探そう

当サイトでは離職率が低い施設に転職したい人に向けてさまざまな情報を紹介しています。当サイトに関するお問い合わせは【お問い合わせページ】からお願いいたします。