働きやすい介護施設は離職率も低い?

【おすすめ記事】 プロフェッショナルキャリア段位制度
離職率が低い施設の傾向

離職率が低い施設の傾向

LINEで送る
Pocket

ベテランが多い

ベテランの職員が多いということは長く働くことができるよう職場環境が整えられているということです。ベテランが多くいると仕事をスムーズに進めることができるだけでなく、丁寧に分かりやすく指導する環境も整えられているため新しく入ってきた人も安心して働くことができます。ベテランの職員は仕事内容だけでなく、利用者の情報や施設の運営方針にも精通しているため、介護方法に悩みがあった時も気軽に相談することができます。

研修制度が充実している

介護の仕事は常に知識や技術を磨いていく必要があります。仕事を行っていく上で身につくものもありますが、研修などできちんと学んだ方がより身につくため研修制度がしっかりとしている施設は職員のこと考えてくれる、働きやすい施設だといえるでしょう。施設によっては研修委員会を設置して業務に役立つ研修を実施したり、外部から講師を招いて研修会を実施したりするところもあります。
また、施設内で研修会ができなくても外部の研修費用に補助金を出しているところもありますが、研修制度が充実している施設は職員のスキルアップを支援したり利用者に最適なサービスを提供しようと努力している施設です。充実した研修制度があれば多くの知識や技術を身につけることができるため、質の高い介護サービスを提供することもできますし、仕事に対するやりがいを感じることもできます。優れたサービスを提供するためには働いている職員が充実感を持って仕事に取り組むことができるよう環境が整えられていることも必要です。研修制度がしっかりとしているのかどうか、施設のホームページをよく確認してみましょう。

昇給の規定が整っている

職員の昇給や昇格に積極的に取り組んでいる施設も働きやすい施設です。このような施設ではキャリアアップ制度を設けているところも少なくありません。キャリアアップ制度は、研修への出席や日頃の業務態度、介護に関する知識や技術についてテストを通じて供給や管理職への昇格を実現して、頑張っている職員に利益が多く還元されることを目的としています。これは職員のモチベーションを高めてやる気を引き出すだけでなく、介護サービスを充実させる効果もあります。職員が安心して働くことができる環境、つまり職員を大切にしているということは社会的な信頼も高まり、利用希望者の増加や優秀な人材の確保にもつながります。

さまざまな情報を精査しよう

「自分の時間を大切にしながら働きたい」「将来はケアマネージャーにステップアップしたい」など人によって働きやすい基準は異なります。どんなスタイルが働きやすいか、自分なりにイメージしながらホームページなどで情報を収集し、働きやすいと感じる施設を探しましょう。

人気の記事

  • 介護業界の離職率の実態 介護業界の離職率の実態
    実は言うほど高くない?

    離職率が高いイメージがある介護職ですが、実は全国平均とそれほど変わりません。にもかかわらず、離職率が高いと思われている背景には過去の離職率が20%を超えるほど高かったことや離職率の高い施設と低い施設の二極化が進んでいることがあります。

    もっと見る

離職率が低い転職先を探そう

離職率が低い転職先を探そう

当サイトでは離職率が低い施設に転職したい人に向けてさまざまな情報を紹介しています。当サイトに関するお問い合わせは【お問い合わせページ】からお願いいたします。