介護職の離職率を下げるための取り組みとは?

【おすすめ記事】 離職率が高い施設の傾向

離職率を下げる取り組み

離職率を下げるために行っている取り組みについて紹介しています。職員が働きやすいよう環境を改善し給料をアップすることを目的とした「介護職員処遇改善加算」や、やる気やモチベーションをアップするために知識や技術を評価する「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」などを取り入れて職場を活気づかせたり、負担を軽減し効率よく仕事をこなすためにクラウドサービスやスマートデバイスなどのICTを取り入れるなど、さまざまな工夫を行っています。

人気の記事

  • 介護業界の離職率の実態 介護業界の離職率の実態
    実は言うほど高くない?

    離職率が高いイメージがある介護職ですが、実は全国平均とそれほど変わりません。にもかかわらず、離職率が高いと思われている背景には過去の離職率が20%を超えるほど高かったことや離職率の高い施設と低い施設の二極化が進んでいることがあります。

    もっと見る

離職率が低い転職先を探そう

離職率が低い転職先を探そう

当サイトでは離職率が低い施設に転職したい人に向けてさまざまな情報を紹介しています。当サイトに関するお問い合わせは【お問い合わせページ】からお願いいたします。